プラン・インターナショナルへの募金(2020年6月)

みなさん、こんにちは!

群馬県 前橋市 あやいろ整骨院 受付スタッフのあかねです!

「ロヒンギャの子どもの保護と教育」プロジェクトへ寄付しました!

先日、あやいろ整骨院の受付に置いてある募金箱の募金をプラン・インターナショナル・ジャパンへ寄付いたしました!

募金額は、66,746円です!

あやいろ整骨院では開院当初から、皆さまから頂いた施術代金の一部を毎日募金箱に入れさせて頂いております
つまり、当院で施術を受けていただいた皆様が、この寄付にご協力頂いたことになります
皆さま、ご協力ありがとうございます(^^)

そして、ご来院いただいているお客様で、直接、募金箱に入れてくださる方もいらっしゃいます。
私たちの想いに賛同してくださり、とっても嬉しいです!

 

【プラン・インターナショナルからの受領明細】

 

今回は、『ロヒンギャの子どもの保護と教育』プロジェクトに寄付させていただきました。

この募金は、ミャンマーバングラデシュ、2ヶ国における活動に使われるそうです。

ミャンマーにおいては、暴力や虐待の犠牲者となるリスクが減るような取り組みを、バングラディシュにおいては、難民キャンプ内の若者たちが教育を受け、課外活動を主導できるようになるための取り組みをされるそうです。

↓詳しくはコチラ↓

『ロヒンギャの子どもの保護と教育』プロジェクトについての詳しい情報

 

このプロジェクトの経過報告

若者の未来を紡ぐ支援~ロヒンギャの子どもの保護と教育プロジェクト~

 

(プラン・インターナショナル・ジャパンのホームページにつながります。)

  • バングラデシュの国旗
  • ミャンマーの国旗

難民キャンプで暮らす5万人強のロヒンギャの15~24歳の若者たちの多くは、人生で一度も学校に通ったことがないそうです。

私たち日本で暮らす者たちは、当たり前のように、学校に通い、読み書きや計算ができるようになります。

難民キャンプで暮らすロヒンギャの方々は、今現在、様々な制約があると思います。

しかし、読み書きなどができるようになれば、いろんな可能性が広がるのではないかな~と私は思います。

そして、私たちが初めてランドセルを背負って、ウキウキしながら学校に行ったあの気持ち、学びたいという好奇心を満たせる機会を共有できたら嬉しいな~と思います。

 

学びたいと願う人たちが、安心して学べる環境を持つお手伝いが少しでも出来るよう、今後もあやいろ整骨院はこの活動を続けていきます!