2019年4月20日 理学操体 東京練習会

みなさん、こんにちは!

頭痛めまい専門 群馬県 前橋市 あやいろ整骨院 スタッフのカズヤスです。

先週末の土曜日、午後にお休みを頂き、東京の下井接骨院へ行ってきました!

今回も2月に引きつづき、「理学操体」という操体法の技術練習会です。

【腰へのアプローチを復習】

 

今回のテーマは「時間と変化」。

実は、施術の時間は、かければかけるほどいいわけではなく、ほどよい時間をかけることが大切です。

なぜなら、体にいい変化を出すための施術とはいえ、むだに時間をかけ過ぎれば、受け手の体にとって負担となってしまうからです。

また、逆に必要な時間をかけなければ、体が変化しないこともあります。

【膝痛の方へのポイントを確認中】

 

しかし、この「ほどよい時間」は、とても感覚的で、ここを意識して施術をされている方は少ないです。

実際、今までの練習会でも「ペアを組んで10分でお互いを施術する」という、時間としては、ざっくりな練習を行ってきました。

しかし、今回の練習会では、秒単位の時間を計りながら練習を行うことで、「限られた時間の中でどうすれば、体が変化するのか」という時間と体の変化のバランスを研究してきました!

【時間を計りながら練習中!】

 

時間が少なすぎて変化が出なかったり、逆に時間をかけ過ぎて、受け手にいい感覚がなくなったり。

施術者側、受け手側と、両方の感覚を確認しながら練習することで、ほどよい時間と体の変化の感覚を身につける、とても充実した練習会となりました。

【腰と肩へのアプローチを学んでいます】

 

頭痛めまい専門 前橋市のあやいろ整骨院では、これからも、常にベストな施術をあなたに提供できるよう、研鑽をつづけてまいります!

お体でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください(^^♪