耳鳴りについて

miminari-2

  • 「耳の中がうるさくて眠れない」
  • 「静かな所に行くと不快な音が聞こえてくる」
  • 「耳鳴りが気になって、集中できない」
  • 「病院で、原因不明、もう治らないと言われた」

こんな症状でお悩みではありませんか?
耳鳴りの症状をお持ちの方は数多くいらっしゃいます。
全米では4000万人の方が耳鳴りに悩まされていると言われますし、国内でも外来患者の15人に1人は、耳鳴りを訴えているという報告もあります。
また、頭痛やめまいの症状を同時に訴えられる方も多いです。

あやいろ整骨院では、そんな耳鳴りでお悩みの方の為に、それぞれの症状に合わせた施術を行っていきます。
耳鳴りのない、快適な日常生活を一緒に目指しましょう!

尚、発症から時間が経てば経つほど改善しづらくなる傾向があります。
お悩みでしたら、なるべく早期にご来院ください。
ただし、まれに耳鳴りの原因に、脳の障害がある場合がありますので、一度は病院にて、診察、検査を受けてください。

耳鳴りの分類

① 片方の耳に起こる耳鳴り

片方の耳にだけ起こる耳鳴りの多くは、耳の障害が原因と考えられます。

中耳の障害…「慢性中耳炎」「耳管狭窄症」など。
内耳の障害・・・「メニエール病」「突発性難聴」「外リンパ瘻」「内耳炎」など。

耳鳴りの他、難聴を伴うものでは、早期の治療が必要な場合があります。
耳鳴りが発症したら、なるべく早く、一度は耳鼻科等を受診しましょう。

② 両方の耳に起こる耳鳴り

両方の耳に耳鳴りが生じ、めまいや難聴、手足のしびれなどの神経症状を伴う時は、脳に何らかの障害が起きていると考えられます。この場合、一刻も早く、病院を受診しましょう!

両方の耳に耳鳴りがする方の中には、耳というよりも、頭の中で鳴っていると訴えられる方もいらっしゃいます。
これは「頭鳴」と言って、生命に関わるような脳の障害ではないものの、脳神経細胞の興奮状態によって雑音が聞こえる症状です。
原因不明といわれる耳鳴りの多くは、この「頭鳴」であることが多いようです。

③ その他

耳や脳に異常がなくても、全身性の病気や生活習慣、自律神経の乱れによっても耳鳴りや難聴が起きることがあります。
高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病は内耳の働きを低下させ、耳鳴りや難聴を誘発します。
高血圧の人の場合、首の頸動脈の血液が流れる音が耳鳴りとして聞こえることもあります。
過労やストレス、偏った食事、不規則な生活など、生活習慣の乱れが耳鳴りを起こすケースも多いです。
過剰なストレスがかかる状態が長期間続くと、脳神経が興奮して耳鳴りの感度が高まり、症状が悪化させる結果を招きます。

 

以上が分類ですが、耳鳴りというのは、何が原因となっているかを、判別するのがとても難しい症状です。
原因が一つではなく、二つ三つと重なっているケースもあります。

あやいろ整骨院では、ひとりひとりの症状だけでなく、姿勢、歪み、持病、生活習慣、食習慣、職場環境などを詳しくお伺いし、原因を推測し施術を行っていきます。

施術は以下の内容の中から必要なものを選択し行っていきます。

  1. 首(頸椎)を含めた、背骨、骨盤の矯正。
  2. 全体の筋肉バランスの修正。
  3. 首、肩、頭周囲の筋肉をゆるめる。
  4. ツボ刺激
    (1) 自律神経の調整。
    (2) 耳が関係する腎経の流れの改善。
    (3) 耳周囲の流れの改善。
    (4) 頭周囲の流れの改善。

 

お問い合わせ