院長

みなさん、こんにちは!
前橋市 あやいろ整骨院 院長の宇野です!

昨日&一昨日の2連休を利用して、奥日光に行ってきました!

約1年前の2015年11月にも、湯元温泉に泊まりに行ったのですが、温泉の質が非常に良くて気に入り、また湯元温泉に行くことにしました!

湯元温泉のお湯は、かなり中性に近い弱酸性で、とってもお肌に優しく感じます。

また、湯元温泉は、「日本で4番目に濃い硫黄温泉」だそうです。

「4番目」と言われれば、1~3番目も気になりますよね?笑

ということで、調べてみました!

  1. 群馬県:万座温泉
  2. 新潟県:月岡温泉
  3. 福島県:高湯温泉

という順番だそうです。

前回は、沼田から国道120号線を通るルートで行きましたが、冬の間は閉鎖されているため、今回は、国道122号線で足尾を経由し、日光に入るルートです。

登り専用いろは坂の途中「明智平」からの景色です。

明智平からの景色

奥日光に着き、まずは、お昼ごはん!

湯波入りお蕎麦
【日光と言えば、湯波!湯波入りお蕎麦】

ちょうどこの日、中禅寺温泉バスターミナルのそばで「中禅寺温泉カマクラまつり」をやっていて、たくさんのカマクラがあったので、のぞいてみました。

カマクラに入ってみようとしたら、入口に表札のようなお名前が…。

グルっとあたりを見回してみたら、全てのカマクラの入口に表札が…。

あるグループは、カマクラの中で、みんなで楽しそうに、お鍋をつついてました!

これらは、抽選で選ばれた人が、自分で雪山を掘ってカマクラを作って、楽しむイベントだったようです。

毎年このイベントをやっていて、多くの方が応募しているそうです。

そして、ほとんどが県外から来る方らしいです。

近くに体験用のカマクラもあるということで、私たちも入ってみることに。

かまくら
【体験用のカマクラ】
かまくらの中に…
【カマクラの中に神社が!】

カマクラってけっこうあったかいですねぇ(*^^*)



それから、華厳の滝へ。

なんと!滝が凍ってる~!

華厳の滝
【上から見る「華厳の滝」】

近くにエレベーターがあったので、このエレベーターを利用して、100m下の観瀑台へ。
(エレベーター料金:往復 大人 550円)

華厳の滝エレベーター

この時、お昼1時半頃で、気温マイナス4℃!

ここから滝を見ると、凍っているのがよくわかります。

凍る華厳の滝
【凍る華厳の滝】



さて、ここから移動して、最終目的地の湯元温泉へ。

奥日光マップ

湯元温泉に向かうにつれ、中禅寺温泉エリアに比べると、より一層気温が下がり、雪深くなってきました。

湯元温泉ビジターセンター前
【湯元温泉ビジターセンター前。しっかり雪かきされていますが、かなりの雪の量。】

湯元温泉の方でも、いろいろとイベントをやっていて、チェックイン前に「第11回全日本氷彫刻奥日光大会」の会場(湯元温泉ビジターセンターのそば)へ。

氷の彫刻会場
【カマクラがズラ~っとならび、この中に氷の彫刻が。】

1月28日から開催されているようで、もう既に2週間経ち、ある程度、氷が溶けてしまっているのかもしれませんが、素晴らしい作品ばかりです。

氷の彫刻「龍虎」
【優秀賞「龍虎」】
氷の彫刻「時を刻む妖精」
【最優秀賞「時を刻む妖精」】

ちょっと長くなったので、続きは、また次回…。

今度は、私たちが泊まったお宿を紹介します。

このお宿、絶対リピートしたいくらい、とっても気に入っちゃいました~。

「奥日光旅行② 絶対リピートしたいオススメのお宿」