こんにちは!
前橋市 あやいろ整骨院 スタッフのカズヤスです。

8月も、8/18~21までの4日間、月一の 仙台研修 へ行ってきました!

今回は、4日間とも、今 昭宏 先生 主催の仙台操体医学院へ。

授業風景
【授業風景:右手前の背中が今先生!】

デモンストレーション
【みんなが見る中、今先生指導の元、デモンストレーション!】

そして、8/20(土)の午前中には、7月同様、ひふみ健康院加藤 先生理学操体セミナー へ。

理学操体セミナー風景
【セミナーの様子:左手前で施術をしているのが加藤先生!】



以上のセミナーに参加して来ました!

その中でも勉強になったのが、3日目の反省会での、今先生のお話でした。

仙台操体医学院では、毎回の授業後に参加者や卒業生、今先生にゆかりのある方々が集まり、反省会が開かれます。

反省会
【反省会にて試験に合格した先生のお祝い中にパシャリッ!】

反省会というと、真面目にみんなで授業を反省するかと思いきや、全く反省をしません!!(笑)

なんじゃそりゃ!?と思いますが(僕も最初は思いました。苦笑)
この反省会がなかなかの曲者なんです。

授業では聞けないスゴイ話、実践的な経営の話など、そのとき、そのメンバーでしか聞くことの出来ない、予測不能な話が飛び出てきて、ものすごくタメになります。
(物凄いくだらないことを話すときもありますが、そんなときも大切だったりします。笑)

そして、そんな3日目の反省会に出てきたのが、人間の性質と治療法の相性についてのお話でした。

世界最古の健康法・アーユルヴェーダでも基本とされている考え方ですが、木・火・土・金・水という五行をベースとする性質が、人間には生まれつき備わっていることはよく知られています。

アーユルヴェーダでは、その性質により、合うもの・合わないものがあるので、それをコントロールすることで、健康を手に入れる、というのが基本的な考え方です。

今回の今先生のお話では、その性質によって、治療における手技や道具でも合うもの・合わないものがある、ということでした。



☆☆☆
世の中には、色々な治療法や治療道具などがある

例えば、ソフトな刺激のものもあれば、痛みを感じるほど強い刺激を与えるようなものがあったり、鍼やお灸もそう

そのような手技や道具など、1つ1つに良し悪しはない

それが合う人・合わない人が存在するというだけ

我々、手技療法家は、患者さんのタイプを見極め、その人に合う治療法を提供できる状態でいることが大切
☆☆☆



ということでした。

我々、手技療法家は、自分が学んでいる手技や道具などを、
「この治療法だったら、だれでも治せる!」
とついつい絶対視してしまいがち。

もちろん、自分がやっている治療法について、自信をもつことは大切ですが、それが絶対的なものだと思ってしまうことは、大きな間違いで、常に謙虚に学び続けていく姿勢が必要だと、教えていただきました。

あやいろ整骨院では、スタッフ一同、慢心することなく、ゲストの皆さま一人一人に、最適な技術を提供でるよう、日々学び続けてまいります♪


ご予約・お問い合わせはこちら

あやいろ整骨院 公式サイト

あやいろ整骨院 交通事故サイト

電話:027-289-6214